お知らせ
ものづくり補助金(「通常型」でいくら補助されるのか?)秋田の行政書士上草事務所
2022.03.28

どれくらいの補助金が出るのかは最大の関心事です。

ものづくり補助金(R4)では、

   ①一般型

   ②グローバル展開型

があり、さらに①一般型は、

   ア 通常枠

   イ 回復型賃上げ・雇用拡大枠

   ウ デジタル枠

   エ グリーン枠

があります。ここでは、「通常枠」を仮定し、補助金額を見ていきます。

 

補助金は、「小規模事業者・中小企業者(再生事業者)」か、それ以外の規模の大きい会社によって分類されています。

小規模企業者・小規模事業者は、常勤従業員数が、

製造業その他・宿泊業・娯楽業では20人以下

卸売業・小売業・サービス業では5人以下

の会社又は個人を言います。また、下表の数字以下となる会社又は個人であることが要件です。

 

そうしますと、例えば従業員が10人の建設業者(知事・一般)業者の方が、最新機器(1650万円)を導入し、革新的なサービスを新たに展開したい場合、

 設備投資額 1,650万円(機器代・税込)

 補助金額  1,000万円(1,500*2/3=1,000)※税抜で考えます。

となます。

補助金は後払いであるため、1,650万円は自己資金又は融資により調達する必要がありますが、最終的な持ち出しは650万円であり、650万円で1,650万円の投資効果を生んだと言えます。

ものづくり補助金事務局

トップページ|ものづくり補助事業公式ホームページ ものづくり補助金総合サイト (monodukuri-hojo.jp)